記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトルタグの最適化

タイトルタグは、内部SEO対策においてかなり重要な要素となります。個人的には、今のGoogleのSEOを考える上で、内部要素で重要なのはタイトルタグと内部リンク構造だけだと思っています。

キーワードカニバリゼーションや重複コンテンツなども意識しなければなりませんが、一般的なサイトにおいては、タイトルタグと内部リンクに気をつけておけばそれでOKです。

SEO対策という面だけでなく、ユーザは検索結果に表示されるページタイトルと、その下に表示されるスニペットを見てそのページをクリックするかを決めています。ページタイトルは、SEOを意識しつつもクリックを促すものでなければなりません。

タイトルの重要ポイント

1.キーワードをなるべく前部に入れる
2.文字数は全角30文字程度(あまり拘る必要は無い)
3.キーワードは2つまで(サブページにおいてはこの限りではない)
4.キーワードを重複して使わない
5.単語の羅列ではなく文章にする
6.他のページと重複させない
7.サブページはブランディングのためにもキーワード付きのサイト名を含める


最近はあまりタイトルタグの書き方も気にしなくて良くなっていますが、ターゲットキーワードを含めるというのは基本です。

検索結果に表示されるのが30文字ぐらいまでですので、30文字に収めるのが良いとされていますが、私はあまりこだわっていません。また、キーワードの数についてもあまり重要では無くなっていますので、3つ以上でも大丈夫です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。